行政書士とは?簡単に取れる資格か司法書士と比較してみた!

行政書士とは、簡単に一言でいえば町の法律家です。

役所に提出する書類を代行して作成する仕事です。商売するのには必要な許認可申請は、たいてい猥雑で面倒なものですが、このように書類を本人に代わって作成するのが主な生業になっています。

他にも、遺言書や財務諸表といったものも作成したりします。
「司法書士とか、税理士の仕事じゃないの?」と思われがちな仕事も、行政書士が請け負える部分もあるのです。

行政書士は簡単にとれる資格か

簡単に取れる資格かですが、合格率を見てみると、平成25年度は10.10%という数字が出ています。これはとても高い水準ですね。地域別にみると、法科大学院のある東京や京都などが高いのだそうです。

ただ、行政書士の合格率は、その年によって5%あたりから10%と若干開きがあります。また、以前よりは難易度も高くなってきているも言われています。

試験の準備に要する時間

準備に要する時間を見ると、例えば、知識のない人が独学で取得するには、1日に1時間の勉強を1年間続けるのが目安となるでしょうか。

ただ、あくまでも目安です。個々人によって、基礎レベルが違いますので一概には言えない部分もあります。

1日1時間といっても、働いているサラリーマンにとってはこの時間を捻出するのはたやすいことではないです。テキストや過去問集、六法などを購入して効率よくしっかり勉強する必要があります。

客観的には難しくはないといえそう

行政書士とは、この資格は簡単な資格とはいえませんが、士業の中では難しくもありません。

比較材料として、司法書士の合格率は3%を超えることがないといわれています。平成25年度は10.10%という数字が出ているところからみても、簡単ではないけれども超難関ではないといったところでしょうか。

何年も合格できないとしたら

何年も受験していても落ちてしまう場合は、よく理由を探ってみることが必要でしょう。

考えられるのは、圧倒的に勉強時間が足りないか、勉強方法に間違いがあるかなのです。

勉強時間に不足があれば、基礎的なことが充実しませんし、勉強方法に間違いがあれば、応用する力が付かずに本番に対応できないのです。

また、一般知識は範囲が広いですが、個人情報保護意外は日常生活の知識で十分です。

タイトルとURLをコピーしました