法定相続分とは

このサイトの運営責任者の属性を表示した画像で、その内容は、「神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-73-7-201、神奈川県行政書士会旭支部所属、はまかぜ行政書士事務所、電話番号0120-97-8786」です。
  • お問い合わせ
  • 遺産相続手続き 支援サービス
  • 鶴ケ峰駅すぐそば / 横浜市各区および大和市に対応
  • 手続の相談・代行(遺産分割、相続税、預貯金、不動産他 )

トップページ > 法定相続分とは

大見出し用のアイコン

法定相続分とは

1.基本説明

法定相続分とは、民法という法律で定められた、法定相続人間における遺産の取得割合のことです(具体的な割合の決め方については後述します)。

遺言書で相続分が指定されていた場合は、これは「指定相続分とは」となり、法定相続分よりも優先されます。この他、特別受益や寄与分による修正を加えた「具体的相続分の計算」というものもあります。)

さて、法定相続分は、遺産分割を行うための目安とされ、遺留分の計算や相続税の計算の際に用いられる重要な数値ではありますが、法定相続分のとおりに遺産を分けなければいけないわけではありません。

遺産分割に関する相続人間の話し合い(遺産分割協議)で相続人全員が合意すれば、法定相続分と異なる分け方をすることも可能です。

この話し合いがどうしてもまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができ、この調停でも合意が得られないとなれば、家庭裁判所での審判手続に自動的に移行し、この場合は、原則的に、法定相続分を基準とする分割方法が示され、これに従うことになります。

(但し、「即時抗告」という種類の不服申立てをすることができます)。

2.法定相続分の計算

法定相続分は、民法により、法定相続人の構成に従って次のように定められています。

(誰が法定相続人になるかについては、「法定相続人の範囲」をご参照ください)。

1.配偶者と子(第一順位)が相続人となる場合

法定相続分は、配偶者が2分の1、子供が2分の1です。

子供が複数いるときは、子供全員で2分の1です。

子供のうち亡くなった者がいる場合は、その者の子供全員で、亡くなった者の相続分を均等に承継します(これを「代襲する」といい、代襲する者を「代襲者」といいます)。例えば、亡くなった子供の相続分が4分の1で、その亡くなった子供に子供が3人いた場合は、その3人の法定相続分はそれぞれ12分の1となります。

代襲者も亡くなっていた場合は、代襲者の子供全員がさらに代襲します。このようにして、直系卑属(子、孫、ひ孫…)へと次々に代襲されていきます。

★ 配偶者がすでに死亡している場合は、1を子供の頭数で割った数が、各相続人の法定相続分となります。例えば、相続人である子供が7人いるなら、7分の1が法定相続分です。この場合も上記の「代襲」は同じように適用されます。

-例-

① 子が1人の場合

何某についての説明図

② 子が複数いる場合(下図は3人の場合)

何某についての説明図

2.配偶者と直系尊属(第二順位)が相続人となる場合

法定相続分は、配偶者が3分の2、直系尊属(親、祖父母、曾祖父母など)が3分の1です。

直系尊属は、親等の一番近い者(親、祖父母、曾祖父母… の順)が優先されます。親等の一番近い者が複数いるときは、その複数の者の全員で3分の1です。

★ 配偶者がすでに死亡している場合は、1を親等の一番近い直系尊属の頭数で割った数が法定相続分となります。例えば、被相続人に配偶者も子供もおらず、ご存命の直系尊属が両親2人と祖父1人であった場合は、両親2人が法定相続人となり、その法定相続分は2分の1ずつとなります。

★ 直系尊属が相続人となる場合は、「子が相続人となる場合」における「代襲」の考えは取りません。すなわち、両親の一方が死亡していた場合でも、その祖父母が代わりに相続人となることはありません。但し、両親とも死亡している場合、両親以外の直系尊属(祖父母など)がご存命であれば、その直系尊属は「親等の一番近い直系尊属」となり、法定相続人となります。

-例-

① ご存命の親が1人の場合

何某についての説明図

② 両親ともご存命の場合

何某についての説明図

3.配偶者と兄弟姉妹(第三順位)が相続人となる場合

法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。

兄弟姉妹が複数いるときは、兄弟姉妹全員で4分の1です。

兄弟姉妹のうちに亡くなった者がいる場合は、その者の子供全員で、亡くなった者の相続分を承継(代襲)します。この場合の代襲者の法定相続分は、亡くなった者が本来受けるべきであった法定相続分を代襲者の頭数で割った数となります。

代襲できるのは、被相続人から見て、甥(おい)か姪(めい)までです。

★ 配偶者がすでに死亡している場合は、1を兄弟姉妹の頭数で割った数が、各相続人の法定相続分となります。

-例-

① 子も両親もおらず、兄弟姉妹が1人いる場合

何某についての説明図

② 子も両親もおらず、兄弟姉妹が2人いる場合

何某についての説明図

③ 子も両親もおらず、兄弟姉妹2人のうち1人が死亡

しており、その子供3人が代襲する場合

何某についての説明図

〔参照条文〕

民法第887条(子及びその代襲者等の相続権)

民法第889条(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)

民法第890条(配偶者の相続権)

〒241-0022 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-73-7 パミール鶴ヶ峰 201
TEL: 0120-97-8786 (090-5427-4147)  FAX: 045-309-8787